海外医薬品というレッテル

周囲の人は海外医薬品を偽物呼ばわりする人が多いので説明してみたいと思う。
そもそも海外医薬品とはなんなのか?
海外の薬です。
日本にはまだない・・・というか、日本の厚生労働省で承認されていない海外の薬というのが正しいでしょうか。
つまり効果がどーの、効き目がどーのではなく、日本のルールに則って認可されているかどうかです。
当然ながら認可されるまでには長い月日と沢山のお金が必要です。
中には認可されても日本では売れないから別にいいやという医薬品もあるでしょうし、認可してもらいたいけど中々日本のルールでOKがもらえないという薬もあることでしょう。

どちらにしても「海外医薬品」は日本国内では認可されていないため、日本での流通は認められていません。
しかし社会というのはこわいものです。
日本では流通できない、購入することができない=偽物、疑わしいものになってしまうのですから。

前述の通り、海外では効果を認められているからこそ海外医薬品たるわけにもかかわらず、「未承認」というレッテルを貼られただけで偽物扱いされている現状があります。
これをどんな風に説明しても日本人は中々理解してくれません。
いえ、頭では理解していても認めようとしないのかもしれません。
それだけ「日本ブランド」が浸透してしまっているんです。
私も日本人だからよく分かります。日本のものが一番信用できるということを。

しかし、さてさて、とはいうものの、海外医薬品には魅力的な薬が多いのも確かです。
どうやってこの魅力をお伝えしていけばよいのか?
私の戦いはまだまだ続きそうです。